RSS | ATOM | SEARCH
眼がまわる?!首が踊る!?
ある患者さんの体験記です。
^枴僂蓮突然にやってきた様です。トイレで立ち上がろうとすると目の前が左に回転し、数秒からだが固まってしまった。
∧盥圓砲呂気靴読堙垤腓無かったようですが、頭位を変えると、グルグルと景色が流れた様です。方向はハッキリ しないけど多分左方向
7谿気論犠錙手足の麻痺無し・顔の表情筋に著変無し・言語に乱れ無し・身体の筋肉痛は特に感じなかった。
て揚性難聴の症状なし・頭部外傷の既往無く・常用薬物無く・下痢おう吐などの胃腸症状も無かったそうです。

□■△▲ 脳・心臓などの循環器異変・何かの中毒では無いとすると、メニュエル氏病または良性頭位変換眩暈症 更には、男性の更年期症(本人62歳)詳細は割愛しますが、いずれも該当しない部分が多かったので、まずは 【噛み合せ】の改善を試みることにしました。

memai-2

術前左側顎関節の様子*****患者さんは右型(右即に体軸が有り、下顎も右に流れるタイプ)関節顆頭は右下方に シフトしている。
関節部の異常は何も無かった。(ペイン・クリック・ノイズ)

memai-1

同じく術前の右側顎関節の様子****関節顆頭はややバックしている。左同様臨床症状無し。
△▲☆★ 両側の関節顆頭の位置は関節凹(天井)との距離がかなりあって、普通は『高位咬合』と診断される状態      ですが、バイトは35青度で、高位とは判断し難い症例です。
☆★★○ 一体彼の身に、何が、起こったのでしょうか??!!
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 16:17
comments(3), trackbacks(0)
始まりと終わり
【噛み合せ】の狂いはいつ頃から始まるか?患者さんによってまちまちです。
[あの歯を抜いてから]とか[あそこを弄ってから]とか、本人が異変に気がついてから、つまり【異変の発症の自覚】から『この戦い』が始まります。
中には、すべて天然の歯牙で歯列の完成を得ながらも、《かみ癖による顎位の狂い》に代表される様な原因で狂ったりしますが、事故でもない場合以外は、『歯・歯肉の異変』には必ず歯科医師が登場して参ります。
今回は50代半ばの女性のお話です。 問診表に記入お願いする以前に丁寧な字でA4に3枚かなり詳しく治療の経過を書いてこられました。 内容の抜粋です。

。15年4月---左上2番充填物が外れ修復、違和感を訴えると他の歯牙(主に臼歯部)
△弔い5月、転医先で『いきなり歯削られる**特に左下犬歯は5整椋錣蕕譴拭戞碧椰諭砲海虜△ら顔の歪みや 顎・首筋の痛みが出現
9垢6月、転医先でスプリント療法を受けるも症状は悪化、顎関節のクリックも出現、更に『咬合調整』として 歯を削られ、スプリントは10個くらいの試行錯誤《患者も医者もヘトヘトになります!!!!》
て映11月、転医、ソフト・スプリント療法を受ける。
ナ神23年 当院を受診****

実に発症してから8年あまりの時間経過してます。
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 09:39
comments(0), trackbacks(0)
歯と痛みの分布
今回はお約束の【歯と身体の痛み】の相関図を表してみようと思います。
 なかなかに表現が難しくて、理解が大変だとは思いますが、少しでも参考になればと思います。  【図-1】 pain-1  最初の2枚は、犬歯ガイド・前方ガイド・Vサポ−ト有り無し関係なしでの条件です。 図の左上から解説しますと、☆★眼精疲労・頸椎前湾は臼歯部が高いとき(猫背は下顎バック)に多い ☆★右の犬歯が咬交していないとき左の乳腺部(大胸筋)にしこりが出易い。 ☆★臼歯部が高いと背中・手首・足首に痛みが出る(特に親知らずはどこでも全部の不都合の因になりやすい) ▽▼下顎が右に曲がるような状態から左の手足に痺れ感が出易い。 □■右踵に重心が偏在するような姿勢では左足の拇指丘と左腰に痛みが出易い ○●◎歯列を保護するガイドが無いと、【3-6-7】でC/Pが発生し歯牙の喪失が起こります。無法地帯状態です。 【図-2】 pain-2 《右型≡右足重心型≡右側咀嚼得手型》で『下顎が右に曲がる時』  ◎右が高すぎる/右側の筋力が強い(利手とは一致しません。)/左が高すぎて右に押し込む/左低くて右に引き込ま  れる/歯牙の位置異常で咬交しない(八重歯)/欠損閉鎖歯列(先天性欠如・抜歯矯正)等が原因で右にシフト   する場合 ☆★頭痛(左右を問わず)・右側方・首・大腿部/左手の痺れ/左下眼瞼部のケイレン(上眼瞼部は同側の7番8番) ☆★胸痛は心臓右半分に出易い ☆★右肩胛骨の中心より少し下に頑固な凝りを感じる。(左に出た場合は心臓病のような気になり非常に不快) ☆★左下肢の内股(内転筋)の張り・可動制限 ☆★左右に限らず臼歯部が高いと同側の肩に痛みが出る(四十肩・五十肩) ☆★同じく臼歯部が高いと下肢全体の筋肉の緊張が出て、足が上がりにくく、つまずき易くなる ○●◎症状をすべて挙げることは不可能なので、このあたりで止めますが、【噛み合せ】が壊れると、体軸が    歪み、必ず代償的に反対側にも、疼痛・運動制限が生じると考えて宜しいと思います。【二足歩行】の    宿命と言えますが、犬のように四つ足動物でも歯が壊れると脊柱は曲がってきます。
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 15:23
comments(0), trackbacks(0)
復活の日☆★引きこもり脱出?☆★
今回お話させていただく方は27歳、男性です。
東の方から新幹線を約2時間利用してこられました。精神的に危ない面があるということで、最初は母親同伴で来られました。色白で背も高くハンサムな
青年です。聞けば、随分以前から『引きこもり』で、屋外に殆ど出ない生活
を続けているとのことです。

return-4
上下俯瞰図**右上の犬歯が欠損・左下7番はコア状態で歯冠未修復で、下顎の
5番は舌側傾斜。【乱ぐい歯列】です。
return-6
左側側面観**いわゆる【八重歯】状態
return-7
右側側面観**犬歯が無いのに空隙がない。いわゆる【欠損閉鎖歯列】最悪例
return-10
初診での問診わかりづらいので改めて表記しますと
『3,4年前に左奥歯とその手前の歯の無視は治療をした際に一番奥の歯を丸々一本替歯に手前のはの上部も替歯にし、その時期から体調が徐々に悪化』『左首に常に強い痛み、左目の視界不良』『表情が動かしつらい。体
全体がねじ曲がったような感覚があります。』『あごが真っ赤具開けづらい
左でかみにくい』とあります。

return-8
『右軸足タイプ』で矯正治療のために右上犬歯を抜去し治療中途断念したとの話ですが顎の関節顆頭は4-ポジ(治療顎位)にあってラッキ−!!
return-9
左の関節顆頭はバックの位置にあって亜脱臼気味**《左で咬みにくい》という本人の訴えに一致します。**左右とも関節所見ではバイトは高いと思われます。
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 11:00
comments(0), trackbacks(0)
頭が痛い
【咬み合せ】と体の不定愁訴との関係は、以前に比べると一般的な認知度は
高くなっている感じを受けます。
今回は、偏頭痛の特効薬であるといわれるイミグラン(偏頭痛治療薬・セロトニン受容体作用性)すらも中々効か無くて難儀している方のお話。


saka-1
30歳少しを超えた女性。約3晴竺椶上に対して右にずれています。
saka-2
左側面観**かなり正常な一般的な治療顎位の関係で右側もこの状態なら殆ど
『咬合異常』は出ないはず。実は右側に大問題があるのですが******

saka-4
[2〜3ヶ月頭痛がよく起こる。][MRIでは異常なし][口の中を咬んで血豆ができる][顔のゆがみを指摘され受診した][甲状腺亢進症で治療中][偏頭痛薬イミグラン服用中][頭痛肩こり首背中が堅くてしんどい]
[腰にも痛みある]おおよそ、このようなことが問診されました。
(**注**図は本人直筆)
saka-5
最初の模型でも判るように、右顎関節のレントゲン像でも右後方(耳孔に
接するように関節顆頭が位置する≡右バック)
saka-6
左顎関節のレントゲン像では関節顆頭は下顎骨体が右にシフトしている分
亜脱臼気味≒高位咬合の状態***《咬み辛い・かみ応えが無い》状態
****どうしましょう???!!!!****


続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 16:23
comments(0), trackbacks(0)
足が痛い
ある日、突然我が身に起こった不可思議な事柄について報告します。

nathu-1
私にとっては軸足である右足に、何の前触れもなく診療を終えて階段を上がろうとしたとたんに、【うっ、痛っ!!】***その夜は階段の上り下りも儘ならず、寝返りも痛くて、就寝したら今度は起き上がるのに大変!!
nathu-2
触診してみると、内側広筋の膝蓋骨付着部に最大の痛点がありました。
nathu-3
この筋肉は大腿四頭筋の一種で股関節の屈筋と膝関節の伸筋に働くとあります。《カパンディ*関節の生理学*》
発痛原因をいろいろと考えてみました。まず現状として=崢謀世鷲┳弦の
筋肉付着部のみ膝関節の腫脹・熱感・自発痛なし(これで痛風はまず否定されます。)D名鑛盥圓呂曚楡犠錙頁浦辰否定?)ど┐龍伸時に疼痛(階段の上り下りや座って起立するときに痛みが強いつまり体重がかかると痛い)ゼ症曚覆匹鉾娠しない(筋肉疲労とは意味が少し違う?)δ団忘泙砲曚箸鵑蛭娠しない(これが曲者)Г修梁召箸靴同βΩ坿慇瓠左下肢は症状なし┨垢某搬里里い蹐い蹐壁分の筋肉痛・懲り・緊張の自覚がゼロ(但し、一カ所の強い痛みは他を消してしまうので正確な感覚では無いかもしれませんが**)

続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 15:44
comments(2), trackbacks(0)
事業仕分け?
今回は、流行の[事業仕分け]と題しての投稿です。
主訴は【かみ合わせを診てほしい】ということで
まずはご本人の登場です。

miyake-5
40代半ばの女性です。あっちこっち修復されています。
miyake-3
正面像です。右上の3番(犬歯)が八重歯で下の歯と咬交していません!!
niyake-3
左側面観**亀蕕厘合です。(壊れ難い筈なのにね)
miyake-4
右側面観**上下犬歯が、かみ合っていないのがよくわかります。
niyake-6
最初の写真でも注意して見ると、分かるかもしれませんが、左上の7番が
欠落していて、代わりにインプラントという人工歯根が植立されていて
その上に人工歯冠が被せられています。相場で1本40〜50万円します。
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 15:10
comments(0), trackbacks(0)
美人姉妹・手の痺れ
【美人姉妹】と大見得を切ったら少しはインパクトあるかもしれない。
と、言うことで、今回は姉妹の登場です。但し模型のみでの出演です。

miyano-2
姉妹の歯列模型**これほど類似するのは非常に珍しいです。左側が妹さん
姉と比べるとHi−Archですから高位咬合の傾向が出ます。
miyano-33
姉の正面観
miyano-44
姉の左側面観**C−機弊犠鑷合)顎位修正を10年以上前にしています。
miyano-55
姉の右側面観**姉妹揃って【右タイプ】少し手を加えました。
miyano-3
妹の正面観**姉と違って犬歯が咬交していません。
miyano-4
妹の左側面観**左3番4番に大問題ありです。
miyano-5
妹の右側面観**C−機弊犠鑷合位)です。

続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 15:18
comments(2), trackbacks(0)
初詣−宮島−
2010/1/10、
嫁さんが和弓の研修会に参加、SAX教室も年始でお休み、ということで珍しく私一人での留守番。じっとしていられない性分なので一人で宮島に初詣に出かけました。


miya−1
《JR可部線の始発駅−可部−10:30a.m.私はここに住んでいます。》
☆▼私が初めて【歯と身体】との関係を実感したのは学生実習で先輩に
左下5番O−Dインレーを形成してもらい、自ら印象・制作・装着し半年以上経過した頃、左足膝上の外側にスルメイカ大の薄皮が張り付いた様な違和感・知覚鈍磨を自覚するようになり同時に5番が気になっていたのを何気なく咬合調整を自分でしてみたところ、いつの間にか足の違和感が消失してしまった事があり【歯と身体】は何となく『関連ありそう』な自覚がありました。今から30年以上も前の話です。

miya-2
《JR山陽本線−宮島口−》

miya-3
《目指すは神の島、厳島(いつくしま)。画面中央が大鳥居》約10分の
 船旅》
miya-4
《宮島に到着−時刻は12:10p.m.−自宅から2時間足らずでで世界遺産にお目見えが叶ういう幸せ。》
○●6年生の頃からだったと思いますが、寝付きが悪く仰向けになると決まって左の腰が苦るというか変な感じでウイスキーの瓶に水をぱんぱんに入れて、腰のマッサージをしながら就寝するのが常でしたが、同級生に右上の
8番(親知らず)を歯根露出で知覚過敏が出てきたので抜去してもらったのが卒業後4年くらいだったでしょうか、翌晩から腰の症状が消失。
【歯と身体】との関連を確信した逸話の一つです。
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 09:13
comments(0), trackbacks(0)
コンドルは飛んでいく
まずは、模型をご覧下さい。

mori-1
歯列は正常。欠損無し。C/P無し。かなり立派な顎。身体もでかい。
mori-2
正面観**右にズレています。被蓋(前歯の重なり)が殆ど無い。
mori-3
右側面観**奥歯の接触が甘い??
mori-5
左側面観**右にズレ定ル関係からか左の3番(犬歯)が咬交していません。
mori-7
右顎関節のレントゲン像**ややバック気味ですが病的では無い??
           《クリック/ノイズ/ペイン3大兆候が無い》
《左は紙面の関係で割愛します。》
**これらの模型やレントゲンで、身体の不都合がどれだけ想像できるで
  しょうか????!!!!
**答えは後半に出ますがヒントは2枚目の写真にあります。果たして??

続きを読む >>
author:穐田俊二, category:歯の話, 20:37
comments(0), trackbacks(0)