RSS | ATOM | SEARCH
鬱と咬み合わせ

37歳 初めての妊娠二か月、本人は約20年来*咬み合わせ*の不具合で悩んで色々な歯科を受診してきたと初診で打ち明け

 

られました。間にあらゆることに自信が無くなり鬱病になってしまったと言われました。鬱病の原因はなかなかに診断が

 

つけにくいでしょうが、*咬み合わせ*の狂いによって人格が壊れる症例は私はこの30年近い診療で度々経験してきました。

 

今回この記事を投稿する気になったのは、かなり頭に来たからです。

写真画像が不鮮明ですみませんが本人さんの上顎の写真です。右上6番7番にGoldの修復物、左上は仮歯(治療がうまく いかないので)脱離が繰り返されるのと、咬むと痛いので咬交させず隙間があります。ここにも3-6-7の相関がありま す。(詳しくは既発表のブログを見てください。)

うつ-3 同じく下顎の写真左右の6番7番にG@ld冠 うつ-4 左側面観--345番はClaa1で正常 うつ-5 右の345番は以前にも紹介した遠心咬合、これだと右下顎は右に引きずり込まれて身体は右にねじ曲がってしまい 筋肉痛は顎の捻じれを解消しない限り解決しません。薬効かず、針・マッサ-ジ・外科処置もお手上げになります。 うつ-5 うつ--2

右下の遠心咬合を是正するレジンキャップお値段¥2500 妊娠中なのでレントゲン検査が出来ず限界はありましたが、このキャップて゜顎を止め臼歯部は簡単に補正して 歯列全体を咬合させることで姿勢がしゃんとし、ものが嚙める喜びを実感。妊娠週が進むとまた顎位は変化し ますがそれはそれ、これであとは無事出産を祈るだけが、今現在できることの限界でしょう。もしも右顎の偏位を 止めなかったら、母体が捻じれた不安定な状態で胎児は無事に大きくなれるでしょうか?出産は女性にとって命がけ の崇高な出来事です。私は歯科医師として、かみ合わせ治療に取り組んで歯がどんだけ体に関係する色々体験してき ました。力及ばずといった症例もありますが、頑張ってるつもりです。   本人さんの喜ぶ顔をお見せできないのは残念ですが20年来の、喉に刺さった棘がとれたようでした。 ** 345番の遠心咬合で不具合を長く引きずっておられる患者さんは大勢おられます。その対応もせず診断もなく ただ金冠を高く売りつける歯医者、レジンスプリントを20数万円で売る歯科医師、ちょっと調整するだけで3万も 5万も請求する歯科医師  こんな輩が大手を振ってルようでは歯科会の未来は暗澹たるものです。 。恥を知れ!!!!        と激昂です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
author:穐田俊二, category:歯と身体, 16:44
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/980953