RSS | ATOM | SEARCH
Distal Relation
Distal Relationとは上下の歯牙の接触関係が下顎の歯牙がうえ顎の歯牙の半歯分ほど後方(のどの方)に位置する 事だと考えて下さい。

Dis-7
Dis-6
Dis-4 

写真は右の345番の対合関係。青色の縦筋が下が後方にズレているのが判ります。

Dis-5

正中が右にずれると右が遠心咬合になる時は正中合致させれば問題無いのですが、右を治療顎位にすると 左側が遠心位になるので、この治療法は採用出来ません。

Dis-2

右の顎関節のレントゲン像---関節円板が位置異常をしていないので関節顆頭はやむなく下方に位置して 一見バイトが高いと診断されやすいですが私は〔関節円板の踏ん張り〕と捉えています。

Dis-3

左の顎関節---右の〔関節円板の踏ん張り〕によってややバック気味ですがあまり右に引っ張られているようには 見えません。
 ⦅患者さんの訴え⦆-主なもの-  
 ̄θ梢箸世韻世襪重い感じがする。左は全く無い  
右側の顎関節が動かしにくい  
F辰鳳Δ慮坿慇*右の顎関節は外れているような感じ  
ご蕕留θ省全体的に動かしにくい &⌘*図示された身体の異常な箇所は顔・首・肩・肘・手首・指・股関節・膝・足首全て右側でした♢○@#。
Dis-8
Dis-9

遠心位での咀嚼運動は(この場合は左ですが)関節顆頭が逆回転して動けば動くほど関節顆頭は後退位になり 喩えていえば車がバックギアに入ってアクセルをふかす状態になります。中心咬合位でも下顎は右後方に 引きずり込まれる力がかかってきますから、症例の様な不定愁訴を訴えてきます。
この時、右側に歯随炎を起した歯牙の処置は通常の麻酔が効かない、鎮痛剤が効かない、最悪歯牙の抜去に 至っても疼痛が消えず痛みが拡大して収拾がつかなくなることが多くあります。予後が非常に悪くて、患者 さんのトラウマになり〖歯医者嫌い〗の大きな原因にの一つなります。

Dis-1

歯牙を切削せずに遠心咬合を近心咬合に是正する方法としての提案です。
メタルスプリントは有効な治療手段ではないかと思っています。
〘 おまけ 〙 2013/9/30年2回の清水サックス教室主宰のジャズライブに今年も参加しました。
ソロでは〘Pennies From Heaven〙年配の方には懐かしい曲です。 次回は〘POLKA DOTS&Moonbeams】を予定していて既に準備で忙しい毎日です。

live
author:穐田俊二, category:歯の話, 16:02
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/980939