RSS | ATOM | SEARCH
なにをやっても上手くいかない
今年最後の投稿になると思います。
【何をやってもうまくいかない】誰しも体験経験のあることですが 『噛み合せ』で、これが起こると大変です。
筋肉痛・顎関節痛・歯牙痛等で肉体的・精神的に患者さんも術者も 大変な事態に陥ります。
まずは、模型をみて下さい。

DRE-11

男女混合年齢バラバラですが、同じような歯列のパタ−ン。
顎くらいが左右のは右に後退している例です。
中央のは 左に偏倚している症例です。
どれも一様に歯列の湾曲がきつく、歯牙の欠損・歯冠崩壊があっての修復物が装着されています。

DRE-3

右犬歯が遠心位つまり上の犬歯の後ろに下顎の犬歯が位置しています。
これを【遠心位】と表現します。

dre-1

この症例は左右の犬歯が遠心位になっています。
普通、上顎前突または下顎後退として分類されます。

DRE-2

右の犬歯が【遠心位】になっています。
結構頻繁に見かける状態です。

DRE-4
DRE-5
DRE-6

三枚のレントゲン像は、いずれも右の顎関節で関節顆頭が本来の位置よりも後ろに位置しているのが観察されます。
DRE-7

正常な上下の犬歯の位置関係は、図の如く、噛みしめた状態で下顎が前方にあって安定し、咀嚼運動時でも、常に 下顎は上の犬歯よりも前方において咬合サイクルを全うするのが、【歯牙の側方圧を排除し、歯列・歯牙を護る】 位置関係にあるとされ、この上下関係の実現を【犬歯の治療位】としてこだわり続けているのです。

DRE

更には〖咬合高径〗を決定するために4番⦅第一小臼歯⦆のあり方にも、さらなる配慮も怠りません。 【噛み合せ】治療のみならず【歯科治療の原点】といっても過言ではありますまい。

DRE-8

もしも、右の【犬歯が遠心位】だったとすると、右で咀嚼するたびに下顎は、右後方に下がってしまいます。

DRE-9

右にシフトすると左の顎関節の関節顆頭は、右に回転をして、これが生理的限界を超えると顎関節に病的な雑音・粘髪音・クリック音・難聴・疼痛を訴え始める事が多いです。 このような状態になると、多くの場合
〆玄鷆擇猟砲漾左顎関節の異常
≒惣⦅眼振を伴わない回転性の眩暈でメニュエル氏病とは区別される。下顎が右に回転すると身体も右に回転する ので眼前の景色は反時計に流れる事が多い詳しい診断は他科の受診を。⦆原因は様々です。
左上半身の筋肉痛。右半身の冷え・痺れ・筋肉のこわばり等々
い泙譴飽媼云祿⦅このような症例で失神したという訴えは結構あります⦆
ズ限膠瓜の抜歯に至る不具合 ⦿■©左の首筋の痛みに対して左の大臼歯の咬合調整は症状を増悪・欠損部の義歯も装着出来無い・インプラントも 効果無し ●◎□右第一大臼歯の疼痛・歯冠崩壊・歯周組織の崩壊・抜去しても痛みが取れない ◎*#患者も術者もホトホト参ってしまい転医の始まり・生活基盤の変調
*******見た目には判らない歯牙の位置関係の落とし穴です。歯牙・歯列・顎関節・身体を大切にする意味でも【歯の噛み合せ】大切な概念です。
*******治療法については、いろいろあります。歯を痛めずに対応するには私は審美を犠牲にしてもスプリント療法を勧めています。ジタバタしても顎関節が壊れたら明るい明日はやってきません・と思ってます。     
author:穐田俊二, category:歯の話, 16:20
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://kamiawase.jugem.jp/trackback/980937