RSS | ATOM | SEARCH
上顎前突または下顎後退症例について
所謂【出っ歯さん】の患者さんの顎関節および全身症状の改善要望に対して、治療顎位を考えてみました。
全身症状の主なものとしては、右上の三本の歯牙の治療後『意識が無くなるような感じ』『息が詰まる感じ』他 頸部筋肉の緊張から来る痛みなどで、症状の出現が急でかなり強烈な痛みを訴えておりました。

kaji-1

右側面観です。下顎後退位なので、上下の歯牙は咬むたびに顎関節が後退し、歯牙に無理が当たって壊れる傾向にあります。
歯周組織にもダメ−ジを受けやすいので、割合早くに無歯顎になる傾向にあります。

kaji-2

左側面観です。
右と同様【遠心咬合】です。



右顎関節のレントゲン像***関節凹が浅く関節顆頭の中心位が不安定つまり咬合が不安定なのが推測されます。

kaji-4

所謂レジンスプリントを作成して見ることになったので、基準咬合平面の検討しています。
基準面ですから 凸凹はならして平らにする必要があります。この場合、高い低いを安易に決定することは危険なので要注意です。
結構神経使います。上顎にスプリントを設定した場合ですが******。

kaji-5

下顎に設定してみると犬歯と最後臼歯によって形成される【spee−curve】を参考にスプリントを設計 因みに図の上のラインに合わせてみると、筋肉痛がでてボロボロでした。
【近心傾斜した歯牙は基準面には使えないことが判ります。】
kaji-6

【近心咬合】の図解です。上下の歯牙の望ましい前後的な位置関係。所謂、【治療顎位】と呼ばれるものです。

kaji-7

【遠心咬合】の図解です。歯牙・顎関節・筋肉が壊れていくパタ−ンはこれが大きい比重を占めます。

kaji-8

左側面観のスプリントのバイト(咬合高径)を考えてみました。上下の縦線が一致するのが【近心咬合】です。

kaji-9

正中を左右的に合致させての右側面観です。【遠心咬合】は解決されません。どうしましょうか???? ◎☗□▲▼先生方も多くの同様の悩みを持っておられることと思います。
【治療顎位】が確定出来無い場合は、 どうあがいても、予後が悪いです。 ●○◇◯私の対処法は、いつか今度。
author:穐田俊二, category:歯の話, 10:34
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/980935