RSS | ATOM | SEARCH
眼がまわる?!首が踊る!?
ある患者さんの体験記です。
^枴僂蓮突然にやってきた様です。トイレで立ち上がろうとすると目の前が左に回転し、数秒からだが固まってしまった。
∧盥圓砲呂気靴読堙垤腓無かったようですが、頭位を変えると、グルグルと景色が流れた様です。方向はハッキリ しないけど多分左方向
7谿気論犠錙手足の麻痺無し・顔の表情筋に著変無し・言語に乱れ無し・身体の筋肉痛は特に感じなかった。
て揚性難聴の症状なし・頭部外傷の既往無く・常用薬物無く・下痢おう吐などの胃腸症状も無かったそうです。

□■△▲ 脳・心臓などの循環器異変・何かの中毒では無いとすると、メニュエル氏病または良性頭位変換眩暈症 更には、男性の更年期症(本人62歳)詳細は割愛しますが、いずれも該当しない部分が多かったので、まずは 【噛み合せ】の改善を試みることにしました。

memai-2

術前左側顎関節の様子*****患者さんは右型(右即に体軸が有り、下顎も右に流れるタイプ)関節顆頭は右下方に シフトしている。
関節部の異常は何も無かった。(ペイン・クリック・ノイズ)

memai-1

同じく術前の右側顎関節の様子****関節顆頭はややバックしている。左同様臨床症状無し。
△▲☆★ 両側の関節顆頭の位置は関節凹(天井)との距離がかなりあって、普通は『高位咬合』と診断される状態      ですが、バイトは35青度で、高位とは判断し難い症例です。
☆★★○ 一体彼の身に、何が、起こったのでしょうか??!!
□■ まずは、咬合理論のおさらいです。(但し、亀虱論です。)

memai-5

何度も出てきて恐縮ですが、《3-6-7アングル》および左右の顎関節更に4番の咬合高径サポ−ト/前歯部の前方ガイド 等によって歯列の保持が実行されています。
但し、顎関節は左右いずれかが自由度が高くて所謂《かみ癖》が生じます。
【良く使う道具は摩耗が早い】というわけで、《かみ癖》側の3-6-7(7番は反対側デス)から、崩壊が始まります。
歯列の崩壊は、歯牙・歯周組織・顎関節と様々な形態で臨床症状を提示してきます。あるいは単独で、あるいは 合併症で******

memai-6

歯牙の機能ポイントの運動軌跡の模式図です。
咬合サイクルを決めるのは犬歯の重なり具合と考えても宜しいのでは 無いでしょうか?
臼歯部の凸凹がきつい(急峻な咬頭)は干渉を起こし為害作用が生じやすいです。

memai-13

犬歯のすり減り(咬耗)によって咬合サイクルが緩くなると、臼歯部も次第に平坦になってきます。
その際。 咬頭干渉が生じた歯牙は側方圧がかかるため咬合痛・冷水痛・関連筋肉痛(頭痛・肩凝り・腰痛・胸痛等)が 出現してきます。
◇◆【歯が痛い】という理由で来院される方の何割かは、『歯牙にかかる側方圧による痛み』が原因ですが 安易に【咬合調整】を行うと、とんでもないことになります。
本症例が、まさにそれです!!!!! ○●☆★【本人回顧談】
◎いつもより、荷物が重く感じられるようになり、足が疲れる(歳か?)
◎ビ−ル一杯で酔っ払っては居ないけど足下が危うくすぐ千鳥足になる(飲み過ぎ?)
◎滑舌が悪くなって意思の疎通に齟齬を来すようになった(ろれつが回らない?)
◎頭痛とか筋肉痛は無く、快適な生活を送っていた。(この世の春か??!!)
◎ほんのちょっと気の遠くなるような感覚におそわれたことがあった(これが前兆だったのか??!!)

☆★★★▽▼◆◇《病気はいつも突然やってきます!!!》《この後どうなったでしょうか??》続きは次回
author:穐田俊二, category:歯の話, 16:17
comments(3), trackbacks(0)
Comment
いつも、先生のブログで咬み合わせの勉強をさせていただいております。今回の右の犬歯ガイドが磨り減ると、下顎が左へシフトするというのは、右へシフトするの間違いでは、ないのですか?
吉田哲太郎, 2011/06/26 8:33 AM
大変失礼しました。御指摘のとうり《右へシフト》するのが正解です。改めます。子指導有難うございました。
穐田俊二, 2011/06/30 7:46 PM
ご返事ありがとうございました。先生のブログは私のような咬み合わせのよくわかっていない者にとって、ありがたい参考書です。これからもよろしくお願いいたします。
吉田哲太郎, 2011/07/10 10:20 AM









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/980930