RSS | ATOM | SEARCH
頭が痛い
【咬み合せ】と体の不定愁訴との関係は、以前に比べると一般的な認知度は
高くなっている感じを受けます。
今回は、偏頭痛の特効薬であるといわれるイミグラン(偏頭痛治療薬・セロトニン受容体作用性)すらも中々効か無くて難儀している方のお話。


saka-1
30歳少しを超えた女性。約3晴竺椶上に対して右にずれています。
saka-2
左側面観**かなり正常な一般的な治療顎位の関係で右側もこの状態なら殆ど
『咬合異常』は出ないはず。実は右側に大問題があるのですが******

saka-4
[2〜3ヶ月頭痛がよく起こる。][MRIでは異常なし][口の中を咬んで血豆ができる][顔のゆがみを指摘され受診した][甲状腺亢進症で治療中][偏頭痛薬イミグラン服用中][頭痛肩こり首背中が堅くてしんどい]
[腰にも痛みある]おおよそ、このようなことが問診されました。
(**注**図は本人直筆)
saka-5
最初の模型でも判るように、右顎関節のレントゲン像でも右後方(耳孔に
接するように関節顆頭が位置する≡右バック)
saka-6
左顎関節のレントゲン像では関節顆頭は下顎骨体が右にシフトしている分
亜脱臼気味≒高位咬合の状態***《咬み辛い・かみ応えが無い》状態
****どうしましょう???!!!!****


saka-7
左右のズレを直す(正中合致)をさせると身体の捻れを治すのに
有効的です。
saka-8
試しに模型の上で正中合致のバイトを作ってみました。左右の臼歯部は離開してしまいます。正中部での咬合高径は約40澄埓人で38世鯆兇┐襪醗枉鏤態です。》
このバイトは全く用をなしません。(時々マウスピ−スで開いた口がふさがらないような高さのものをみることがありますが危険ですョ)

saka-9
右側の臼歯部分が見えます。実は第一小臼歯から最後臼歯までが上下が逆転
していて、これこそが偏頭痛の最大の原因なのです。たった一本でも逆転していても、頭痛・肩凝り・腰痛なんぞジャカジャカ出てきます。この場合は
9本**右側全部**ですから、非常に難儀されているのはすぐに観察出来ました
***そこで右下犬歯を含めたレジンキャップを通法に従ってサプライして、
右臼歯の筋肉ストレスを緩和し【咬合調整】を開始しました。

saka-10
『首肩の懲り張りが楽になった』『ふわふわしなくなってこけにくく
なった』このように本人が記述しています。

saka-13
2010/9/4確認の顎関節のレントゲン像(但し、右側のみ)初診の時と比べてみてください。関節顆頭が後退位から脱出しているのが読めます。
saka-14
『頭痛は全く無くなった』と本人のコメント
△■▽☆まずは偏頭痛からの脱出を主眼に治療を開始した症例です。今後は
左側はともかく、右の交差咬合の再構築・正中のズレ等々問題はありますが
ともかくQOLの向上が得られたので本人さん喜んでおられます。
○◎☆★症例によりますが咬合を再構築する場合【なるべく簡単な仕掛け】の方が本人の負担軽減に役立ちます。あまり急いで『アレヤリ・コレヤリ
抜歯シテ・ソノアト*インプラ**』されない方が、、、よろしいみたいデス。
附》顔のゆがみも判らないほどに改善され、美人度アップです。


author:穐田俊二, category:歯の話, 16:23
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/965029