RSS | ATOM | SEARCH
面接で??
今回はある男性の相談から題材を選んでみました。
上下の歯形模型は一見ごくごく普通で、歯周炎はあまりなくカリエス・咬耗
が目につく症例です。
kiyo-3

本人いわく《前歯がすぐ外れて、その為ですか面接で駄目出しなんです。》就職活動がうまくいかないとの相談です。身体の不具合を聞くと”毀欧膿臾夏各剤を内科で。⇔昭蠅量指・小指が寝起きに
痺れる。9痛を訴えていました。本人は肩・頚の凝りは慢性化してて《今更》といった感じです。
顎関節の聴診をすると顎の開閉時に左側が大脱臼しますので【右にズレ】という見込みの元、顎関節のレントゲンを撮影させてもらいました。

kiyo-1
右の顎関節顆頭は殆ど外れかかっていて、今にも脱臼しそうな位置
kiyo-2
左の顎関節の方は閉口時では関節顆頭は4−Pisitionで正常に見えます。
右偏位なのに左顎関節が亜脱臼の様に聞こえるのは何故でしょう?
kiyo-5
左側面観で歯牙に印をした青線が下の青線と一致するのがC−気箸い治療顎位、下顎の青線が上に比べてすべて後退位にあります。


kiyo-7
右側面観も左と同様/顎位は両側バックの右偏位です。


kiyo-4
右下からの観察では、下顎の犬歯が上に比べて約3世曚描以に位置していて、全く咬交していないのが判ります。左も同様です。この原因が下顎の
1番が2本無くて下顎の歯牙が左右で1番のスペース(約2.5澄吠
前方移動した為です。《自然矯正???》
 **下顎1番の先天性欠如によって下顎の歯牙すべてが近心移動してしまった結果犬歯が咬交しなくなって咬耗・3−6−7三角の歯牙の崩壊それによる姿勢の変化・筋肉痛その他もろもろの人生
 **誰のせいでも無い、生涯にわたる不都合
 **犬歯ガイドの付与だけでも本人の人生は変わるはず!!!
△▲▽▼上4番の近心頬側内斜面の活用等々???
    《必要は工夫の父???》

▽☆★▼次回からは【歯と不定愁訴】の関連を少しシリーズで取り上げてみるつもりです。【膝の痛みは6−7から?】等



author:穐田俊二, category:歯の話, 15:57
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/907542