RSS | ATOM | SEARCH
人智及ばない? 最終章
【人智及ばない?】と題しての最終章です。
前回まで犬歯反対咬合の3タイプを紹介しました。
^篥租要素の強い骨格生反対咬合によるもの
∪菘契欠如歯の関係での歯体位置異常によるもの
8綸慧な歯周組織の変化あるいは顎位のズレまたは補綴の関係
  以上の3タイプを想定してのお話しでした。
『犬歯反対咬合』の原因を、分類して治療に臨まなければ、治療の予後は
惨憺たるものになることは、多くの先生方は体験されておられるはずです。

cross-5
所謂《犬歯ガイド》という概念は上の犬歯の裏側前半(3番の近心)と
下顎の犬歯の後半(3番遠心)が下顎安静時に軽く左右が接触して例えば
右犬歯ガイドでは左の外側翼突筋の収縮によって起こる下顎の右方向への
シフトから始まる右側咀嚼運動の際に後方歯群の側方圧を軽減し歯牙への
為害作用を制御するという意味で重要な働きを意味します。
 この働きが、『犬歯反対咬合』の場合は全く当てはまらないのです。
骨格性(遺伝性)反対咬合の場合は、《犬歯ガイド》が逆転していても、本人は気にせずに生活している事が多いようですが(少なくとも咀嚼に関しては不具合を訴える事は少ないです。)何故でしょうか?判りません!!!
cross-6
両側に、『犬歯反対咬合』が有る場合は、左右的な運動制限が強いので上下犬歯の接触に遊びが多少有りかつ奥歯での臼摩運動を殆どしないような咀嚼様式であると考えるしか理屈が合わない。犬やライオンの摂食様式で『Dog Eating』とも言われています。(私は少し汚い表現のように思いますが。)


cross-7
図には左の、『犬歯反対咬合』を描いておりますが、左上の犬歯の後ろに有る第一小臼歯(4番)の頬側咬頭内斜面の近心側が『犬歯ガイド』の代用しとて昨日している場合があり、これはこれで立派な『犬歯ガイド』で下の4番の外斜面と連動している場合も同様で、これに下手に手をつけると『パンドラの箱』状態になります。(上の4番は2根なので側方圧に抵抗します。自然が作った奇跡ともいえます。どうか大切にして審美矯正でもバッキョしないで頂きたいものです。)4番の代わりに反対側の7番または6番が関係することも考えられますが、咀嚼時に歯痛とか筋肉痛がでやすいので、人工的に『犬歯ガイド』を設定することはまず不可能です。、『犬歯反対咬合』は触らない・触らせない。【できないものはできるかもしれないとおもって無理しない事です。】別の方法を考えましょう。今回のお話しの趣旨はここにあります。【人智及ばない?】人の手で何とかなる場合も何ともならない場合も有ることを医療提供者は考えるべきですし。それでも患者さんは頭痛・腰痛・肩こりいろいろな不定愁訴を訴え来られます。対応策として私が行っている方法は〈合高径を回復・維持∋牙にかかる側方圧を除去・軽減H育期なら小矯正***症例としては少ないですが反対咬合の総義歯で回復した例もあります。、『犬歯反対咬合』は『オープン・バイト』同様に難症例です。****ご用心ご用心!!
author:穐田俊二, category:歯の話, 14:58
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/782746