RSS | ATOM | SEARCH
診療靴
昭和63年に現在の診療室で歯科診療を始めました。【噛み合わせと姿勢】に付いての観察をするために、同じメ−カ−の靴を20年近く使っています。
**お見苦しいですが、ちゃんと洗濯してマッス!!(ゴメンナサイ)
診療靴−1
『ReGal』という中国製のデッキ−シュ−ズで、靴底はゴムで平ら
中は《土踏まず》のところが盛り上がっていて、いわゆる足の『ア−チ支え』の部分が刺激されるので、履き心地がすこぶる宜しいのです。

大体、一足を半年近く使うので、現在使い古した靴は50足くらいになって
段々、収納場所が手狭になってきました。

診療靴−2

同じタイプの靴をはき続ける事によって、何が判るのでしょう。

〇笋榔β重心の『右型』なので、右足が左足に比べ少し巾広で、靴のサイ ズは右足にあわせで決めるので当然左足は少し大きくて歩くと脱げそうに なる傾向にあります。
 −−軸足は生来のもので、事故でも無い限り変化しません。しかも
 『かみ癖』は『軸足側』と一致し、又、顎位は100%『かみ癖〓軸足』 側にズレて来るので、簡単にその人の癖が判別できるのですが−−
∨萋同じ靴を履くと、履いた感じが、いつもと違う場合は、体軸のズレ
 または顎位のズレが、すぐに判るし、その差がひどくなると、左足の
 様々な所に痛みやシビレがでるので、『噛み合わせの調整』のタイミング
 が判るという事です。
7つ譴里い咾弔覆垢蠍困蠅蓮∋兩の変化を表し、顎位のズレを暗示してい ると断言して良いように思います。10年ほど前は、私も靴が変な風に
 良く壊れていました。汗の出方も重心の位置によって変わるので、汚れ方 が変な感じでした。
**普段はき慣れている靴が急に履き辛くなったら、【顎位】の変化か、
 体軸の変化がある証拠。気に掛けるのも【転ばぬ先の**】かも??
author:穐田俊二, category:身体よもやま話, 11:22
comments(2), trackbacks(0)
Comment
お誕生日おめでとう。昨日は電話ありがとう。今日は誕生日にメッセージ書きこみいたします。あなたもジジになる日もそう遠くないでしょう。楽しみに待ちなさい。お先え。〜隆太郎〜
お誕生日おめでとうございます。いつも父がお世話になっております。ホームページ初めて拝見しましたが、おもしろいですね。楽しい写真もたくさん・・・。また拝見いたします。〜しのぶ〜
隆太郎, 2006/10/18 9:04 PM
隆クン・シノブ−chan書き込み有り難うございました。
こんな形で、声のやりとりが出来るようになるなんて
一昔前は考えもでざったでよ!!!皆さんに宜しく
山俊二, 2006/10/19 4:01 PM









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/533038