RSS | ATOM | SEARCH
股関節ベルトその2
引き続き【股関節ベルト−仮称−】のお話

股関節ベルト−4
**右足軸の場合、股関節の自由度は右側が高い。病的になると更には
股関節亜脱臼や脱臼を起こしかねない。女性特に経産婦に多い。
**加齢と共に内臓は重力に引っ張られ下垂が生じる。(下腹プックリ)
**加齢と共に筋力の低下が起こり、股関節部の弛みは、骨盤・脊椎をつなぐ深部筋の弱体化を呼び、腰が不安定になり、姿勢にも影響を及ぼす。
**重度の高い側の股関節を軽い力で、押さえると、どうなりますやら
  アラ不思議!!!腰が安定し、背筋が伸び足の運びもスム−スで、
  10才は若返ったような感じになります。
☆☆まず試してみては如何でしょう?


股関節ベルト−6
 【股関節ベルト−仮称−】は腰痛バンドとは少し違ってて、緩い側の大腿骨を側方から、開いた骨盤を締めるような方向で力を加えるやり方を勧めて
います。この場合◆軸足側の股関節の前に終点を設定◆これがポイント!!
 *ケ−スによっては、腰回りの四カ所がベルト終点が考えられますが、
  左右いずれかの前方部が現在の所好成績です。
★★★作り方・使い方★★★
材質は手芸店で手に入るゴムのような素材で巾3〜4僂里發里鯏当な長さに切って使って下さい。 両端はマジックテ−プを手縫いして止める。
 材料費一組約300円程度の筈です。服の上からでも下でも適当に。物が軽いので携帯にも便利但し耐久性はあまり無いものと考えてください。
装着時間は適当です????これからの皆さんの声を聴かせてください。
内臓をあまり苛めないので、まず大丈夫ですが膀胱や子宮には十分配慮して身体に合わないと思ったら直ちに中止してください。お願いします。
**体験されるとすぐにどんな物か判ります。特に女性にお勧めです。
但し、股関節などの不具合に対する治療用具ではありませんので、ご注意申し上げておきます。−−ブログ《歩き方》参照してください。−− 
 
author:穐田俊二, category:身体よもやま話, 21:21
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/461431