RSS | ATOM | SEARCH
歯・眼・**その1
歯と眼の働きには非常に密接な関係があります。
ビデオ撮影された経験があればよくわかると思いますが、歩きながらの撮影では画像がぶれて非常に絵にならないですよね。普段は歩いているときに景色がぶれると異常な状態なので病気を疑いどこか病院にかかる筈です。
【めまい】を訴えての診断は簡単には書き表せませんが−−−−
地球は自転していてその上で生活していてもそのスピ−ドを感じて生活はしません。身体が移動しても眼球が動いて、眼に映る景色を固定しているのです。
眼の動き

眼の動きその2
彼女の[利き目]は右目です。首を傾けると左右の眼は頭位が水平な時とは別の動きをします。通常左右の眼は中側に寄せることはできますが、左右別々の動きはしません。何故首を傾けたときにこのような事が起きるのでしょうか?
眼科の本には眼球の動きについては色々と説明がありますが、両眼を内転させる動きの説明はありましたが、首を傾斜したときの左右の眼の動きについては説明が見あたりません。私も、眼は鼻の上のゴミなんかを見るときは両目が中に寄ってきて『寄り眼』にはなりますが、その他の動きは左右連動するものと思っていましたが、これはいったいどういう事なんでしょうか???
モデルの女性は『利き目』が右なので首を右に傾けると『注視』するために
右目だけが中央に寄るのは何となく納得ができます。では何故首を左に傾けたとき左目が中央に寄るのでしょうか????
 私は歯科医なので詳しいことは専門家に任せるとして眼球を動かす為に働く筋肉が左右で12種類あるのですが、それらの筋肉の動きが、多分に
【噛み合わせ】に関係するというお話に駒を進めたいと思います。
 特に三番四番六番七番と呼ばれる歯牙の在りように関係しています。ひいてはある種の【めまい】にも−−−−−−−??!! 乞うご期待!!
author:穐田俊二, category:身体よもやま話, 22:18
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.kamiawase.cc/trackback/338098