RSS | ATOM | SEARCH
BITE-UP

BITE-UPとは歯牙の上下の接触スぺ-スが充分でないとき咬合関係を変えてスぺ-スを確保する方法で咬合挙上とも言いま す。顎関節症でよく活用するマウスピースとは少し違うのですが、まあ似たようなものです。本質的な概念が違うの で、そこを顎関節の動きを考慮しながら話を進めましょう。 bite-2 写真は右の345番の上下歯牙関係この様な位置関係だと咬合の崩壊は余り起きなくて私共の行なっている治療顎位です。 bite-1 左の345番の歯牙関係は上顎の歯牙に対して下顎の歯牙が半分後方にズレています。これをdistal-relation 遠心咬合と言い、この場合下顎は左に引きずり込まれて、bite-spacetが無くなり歯牙の崩壊・喪失などの不都合を 修復することが困難であったり不可能な状態になります。 bite-14 図はバックした右顎関節の模式図です。この様な顎関節が片方に起こると身体は右傾して上半身は右側に下半身は 骨盤を境にして左側全体に痛み・痺れなどの症状が出ることがかなりの確率で起きます。 両側にバックをきたすと姿勢にかなり顕著に影響が出て猫背・肩凝り・腰痛等々検挙いとまがないないくらいです。 姿勢は健康維持のためには必須条件ですよ。 bite-114 今、右側のみ下顎がバックした状態(関節顆頭が関節凹の中で後退し関節円板との動きが乖離した状態の模式図)を 正中合致した時の関節円板のイメ-ジです。顆頭と円板の不調和は様々で最新の技術でもその実態は把握困難です。 この図は下顎を捻じっても円板が邪魔してすぐに元に戻ってしまうということを示したものです。正中合致には 犬歯と**歯を使います。 bite-16 BITE-UP**咬合挙上した時は関節顆頭は関節凹の中で前下方に移動します。この際に関節円板の後ろ半分が 耳孔(関節円板は真ん中が窪んだ餅の様な形状で軟骨で出来てると思うとイメ-ジし易いです。)の前面に あって顆頭をバックアップしてくれるとバイトが安定して治癒の経過を辿るようになりますが、円板の前半分に 関節顆頭が当たった状態では、頭位によってはバックしてしまい不安定な状態になります。このような時は 患者は目眩を感じる事が多く姿勢は一定しません。つまり、関節顆頭を必要以上に引っ張ると宜しくないわけです。 引っ張り過ぎるのはマウスピースの症例でよく見かけられます。何でもかんでも挙げればいいってなもんじゃない ですよ。事実多くの人が気分が悪くなると言って活用してませんもの。 bite-17 理想的な顎関節のイメ=ジ図****このようなBITEを実現し、尚且つ生活出来る歯科修復物を手に入れるのは大変で 歯科医療提供者も大変です。しかしながら顎のズレ・歯牙の不具合が原因で生じる身体の痛みなどは他科では 対応出来ずに一生引きずって行かねばなりません。図に示した様に右顎関節の安定・治療には右3456番と左の7番 左なら左3456番と右の7番、締めは1番と2番****8番はDH  皆さん歯を大切に!!!!!!!! 注)上の図で7番の表記が逆になっています。左の7番です。訂正させてください。

author:穐田俊二, category:歯と身体, 17:00
comments(0), trackbacks(0)
開咬--一考察--

開咬とは見た目に前歯が噛み合っていなく、隙間がある状態を指します。上下の歯牙が噛み合わってなくても、下顎を前方に出せば

歯牙の接触がある場合は開咬とは区別されます。

 

 

open-113オ-プン・バイトの典型 open-115

 左側顎関節のレントゲン像**左側に後退し関節顆頭は下方に位置し亜脱臼の様相

 

open-114

右側顎関節のレントゲン像**左と同じく亜脱臼の感じ左右のレントゲン像からは 高位咬合つまり(嚙み合わせ)が高いj状態と

診断されます。下顎のおさまりが悪いので、頭位不安定になり、それ故の目眩・頭痛など 筋肉痛・精神不安あれこれ相当大変な

病状を訴える方が多いです

 

open-117

若年者の反対咬合の治療に応用されるchin-cap/ヘッドギア これは大変危険だと思います。

頸椎を支点にして、下顎を作用点にし、下顎の成長を抑制することによって受け口/反対咬合の

改善を期待しての方法????????????????????

 

 

 

open-118

頸椎を支点にすると前湾が生じ、下顎は関節顆頭が後退し関節円板は前方にズレて

ヘルニアを生じ、やがてはオ-プン・バイトという咬合をもたらす。

人智で、ヒトの成長を抑制すること自体が不自然であることを知るべきでしょう。

 

open-119

最初に載せた写真のような患者さんが来られたら、審美・機能の回復を同時に回復するのはほぼ不可能と言わざるを得ません。

咬合治療でも一級クラスの難症例です。バイトが高くて難儀されてても、臼歯部を削ることでは、絶対に解決しません。

 

 考えてみてください、生涯、踵重心で生活する事、やがては臼歯は崩壊しますが、前歯は咬めないのでまともに食事が出来ず、

歩行も難しく通院すら困難な方もおられます。開咬が何故起こるのかまだまだこれからの課題ではありますが、該当する患者さんの中にChin-Cap治療の経験者が何人もおられるという事実このことは大きな暗示ではないでしょうか。なってからでは遅いので

chin-cap療法からは逃げて損はないですよ*********************と私は思います。

 

 

 

author:穐田俊二, category:歯と身体, 11:02
comments(0), trackbacks(0)
咬み合わせと身体**軸足と蹴り脚--後編

前回は(顎は軸足の方に曲がる)という話をしました。

歯列・歯牙の崩壊にはパタ−ンがあり、以前にも載せましたが、3-6-7(歯の記号です)更に3-4/1-7(あるいは8)これらは

咀嚼運動を考えたとき3-6-7は顎関節及び顎関節顆頭の動き・咀嚼筋群の動き・体軸の変化、更に歯牙にかかる圧(為害性の強い

側方圧)等に深くかかわって来ます。3-4は左右と高さ。1-7は顎の前方運動。という関係があります。更に左右の顎関節の動きに

差があり、可動域の大きい方の歯牙に為害性の強い側方圧がかかるのは容易に理解出来るはず、故に噛み癖の方から歯列・歯牙の

崩壊が始まり、顎関節の緩みと股関節の自由度が大きい事が同じように観察され、(顎は軸足の方に曲がり、体軸も軸足の方に

曲がる)という事実が存在するのです。勿論顎関節が壊れる様な歯牙の位置異常(Distal-Relation)でも

咬合は崩壊しますが、これは以前にお話してますので今までの分を参考にしてください。ここでは、壊れた咬合の再構築に

軸足と顎関節が深く関係していることを知った上でどう考えるかという話になるわけです。

歯科専門雑誌をみると全顎再構築した例がよく発表されていますが、顎関節のありようを意識したものに出くわした記憶が

ありません。南風が強い場所に家を建てる場合防風対策はするし、砂地なら基礎工事を充分して家建てるでしょうが。

咬合の再構築も同じです>

じく-22

軸足が右の場合、右足は骨盤が上に曲がるので左足より短く、真っすぐ歩いても歩幅が違うので時計回りする。普通は目で調整して

歩いています。目隠しや目標物が無い状態では真っすぐ歩くのは不可能です。

じく-21

足跡を見ると軸足が直ぐに分かる

じく-20

歯は横からの圧力に弱い

じく-19

奥歯が高いと踵重心になり頸椎の前湾・背筋の緊張・めまいを起こしたりします。

じく-15

右の3番が緩い症例**右の6番が喪失しています。

じく-14

左上の7番が無くてブリッジになっています。これが3-6-7の歯列崩壊パタ−ンです。男性で咬合高径41ミリと限界値3ミリ超

6年前ごろから2回 AEDのお世話になっています。

じく-18

彼の右顎関節のレントゲン**悪くはないが少し高い

じく-17

同じく左のレントゲン像**明らかに高くて亜脱臼気味    **バイトが高いと色々な不都合が出ます。**右咀嚼時の左早期

 接触は心臓の動きに悪影響をもたらす。これは有名な一文です。つまり心臓発作ですね。

じく-6

4月29日の Jazz Live 確か40回目

66歳  何時まででも体力の続く限りやりますよ

みんなの迷惑かえりみず、下手なSAXでご機嫌伺い!!!!!!!

author:穐田俊二, category:歯と身体, 17:12
comments(0), trackbacks(0)