RSS | ATOM | SEARCH
JAZZLIVE
 第34回を数える**清水Sax教室の報告です。毎年年2回の発表会も16年を経て主宰の清水末寿さん、還暦をとうの昔に迎えられ〘還暦替返しでますます元気いっぱいです。

Box-16

運動会のようなプログラム

box-17

演目もジャズから演歌・ロシア民謡と様々



全員参加の♩SoulFinger♩もう一つは♩MercyMercy♩ 全員がそろうのは、当日のみ普段は仕事の関係やらで練習日がまちまちなのですが、かなりな完成度



私のソロ****音がないのが残念。



私は少し体調が優れなかったのですが、最後に模範演奏に呼ばれてサプライズ。
両脇を名だたるプロに囲まれてサボ−トしてもらいご機嫌なひととき。

box-11

気がつけば私も還暦過ぎのお爺ちゃん。
師匠の清水末寿さんは高知学芸高等学校の四期先輩で誕生日も同じという奇遇が重なり、十年以上この催しに参加させていただいておます。
ふとした話から学芸高校広島県支部を作ろうという話になり、☖☗@⁂⁂高知学芸高等学校広島県史部設立準備委員会●♤○※を立ち上げることになりました。
たいそうな事は出来ませんが、私が窓口になりますので、皆さんご連絡下さい。
私のH.Pの#*掲示板○▼☀ に書き込むがメ−ル下さい。待ってます。
author:穐田俊二, category:Jazz, 15:58
comments(0), trackbacks(0)
JAZZ−LIVE
第28回清水SAX教室の年2回のドンチャン音楽会のご報告です。

写真が雲隠れして捜索に手間取りました。遅ればせながらのアップです。

 0321−8
プログラムです。3:30開演、15分の休憩をはさんで6:30終了の
イベント、お客さん・出演者・スタッフの皆さんお疲れさんです。

0321−7
0321−2
♪OnA Slowboat To China♪で再見参。今回も泥船に近かった。
0321−3
♪The Groove Narchant♪今回初めて私が編曲させてもらったのですが、皆さんの評判は????


続きを読む >>
author:穐田俊二, category:Jazz, 20:11
comments(0), trackbacks(0)
JazzLive-28th−
今回は、本題をお休みさせていただいて、JAZZLIVEのご報告です。

2009/9/13シルバーウィークを前倒ししての第28回清水JAZZ教室
秋の大音楽祭が、LiveHouse LushLife−広島市流川−で開かれました。
今回は日程の関係で東京からのゲストは無しで、広島で活躍中の方々の応援をいただき、総勢13名が、ピーピー・ブーブー賑やかに約3時間のJAZZ Liveで皆様にご機嫌伺いをいたしました。

live-9
開演は午後3時リハーサルは正午から。この頃から皆さんテンションが上がってきます。
live-1
以前は【切り込み隊長】でトップバッターが多かったのですが最近は前頭
3枚目にくらい昇格しました?楽曲は【TenorMadness】アドリブ4コーラス
のご披露。どうにもエンディングが下手です。(私だけ写真が大きい?)
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:Jazz, 14:43
comments(0), trackbacks(0)
JazzLive At Lush-Life
第26回【清水SAX教室】年二回の発表会が2008/9/21Live House
『Lush-Life』で開催されました。ゲストは東京から【中村達也トリオ】
 ≪中村達也(Drm)・上野輝明(Pf)・原田和光(Base)≫をお迎えしての
JAZZLIVEでした。《もう13年の歴史を刻んでいます。》

live-3
当日は3:00開場3:30開演のため、12:00に集合してリハの
ランスルー**このときから段々緊張してきてテンションが上がります。
ワクワクする時間帯**ウキッキッキ!!タマリマシェン!!
live-6
曲数は全部で20曲ソロ・アンサンブル・全員参加など形式も様々
プログラムもお酒がにじんで汚れる始末
live-1
立ち見も有りの超満員
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:Jazz, 15:24
comments(0), trackbacks(0)
At Lush-Life
第25回目の【清水末寿Sax教室】発表会が2008/3/23Lush-Life
(広島市中区流川)で、東京から小山彰太(Drm)さんをお迎えして開催され、私も参加ました。

Live-1
当日は3:30開演で、リハーサルは12:00から開始。ワクワクする
時間。段々にテンションが上がってきます。12年経っても、ドキドキは
同じようなものです。(実はこの緊張がたまらない!!)
Lide-2
左から、秦野さん安達さん私  安達さんは私と同業者で、第一回目から
参加されていますから、私と同じく最古参(お互い老けた?!)
Live-3
私はS・Rollinsの『Doxy』に挑戦
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:Jazz, 16:57
comments(0), trackbacks(0)
Sound Bus
9/30に引き続き10/28はクラシック系Live『Sound Bus 2007 次戮
参加しました。

広島駅前の『TAO』での演奏会、リハーサルでの一コマ、本番前なので、カメラがブレてて絵になりません。我知らず緊張しているのでしょうか?

1028-5

どこの演奏会でもなぜかいつもトップバッター【笑いを取るか】【お情け頂戴か?】
今回はみんなが知ってる『枯葉』を♪=150のテンポで書譜無しのコード・アドリブに挑戦   緊張しましたが楽しく吹かせていただきました。
やはり、バックのサポートって演奏の鍵を握ってますネ

1028-1
続いて、同じく長いことコンビを組んでる入沢さんと名曲『涙そうそう』
お恥ずかしい話ですが『涙』の読み方を知りませんでした。Jazz以外は
とんと疎い世界に居ます。アンサンブルでは二人の呼吸が大切。楽譜を
必死で見つめていますが、老眼のせいでしょうか、不機嫌そうな顔つき
平にご容赦!!!

071028-6

1028-2

今回は大阪から音楽大学の学生や講師クラスのベテランの方々が、大勢参加、(画面が無くて残念ですが、)東京からも、小柳美奈子さんがサポートに参加されたり、私を含めて広島の地元、顔なじみの面々が、日頃の練習の成果を披露しました。














続きを読む >>
author:穐田俊二, category:Jazz, 20:22
comments(0), trackbacks(0)
JazzLive
9月30日には新装開店した【Lush Life】にて東京から中村達也JapanUnit
(中村達也・テリー上野・サイレント原田の皆さん)の皆さんの応援を得て、清水末寿SAX教室の開催は、24回を数えることになった。年二回の開催なので実に12年間続いていることになる。

930−9 リハが正午から、本番3:30終了が6:30全18曲と長丁場、段々体力的な限界を感じます。けど、『ガンバルゾ!!!』
930−3
出演者全員までは画面の関係で入り切りません(残り4名さんごめんネ!)
930−8
 客席は満員、写真にあるのは会場の半分の風景、年代は様々、熱気ムンムン、『イイデスネェ私はこんなのが大好きです!!!』

続きを読む >>
author:穐田俊二, category:Jazz, 14:15
comments(2), trackbacks(0)
清水劇場
2007/3/21春分の日、広島は薬研堀という広島の繁華街で流川に隣接する『Jazz Club Bird』というところで清水SAX教室の発表会がありました。
当日のプログラム 第◎仝&回 主催者も、誰も知らない?
321−1
毎年2回定期的に開催されているので多分20回は超えている筈?????
321−2
選曲は基本的に自由、各自勝手に持ち寄って、勝手に楽しむのが基本ル−ル
全員参加の曲は大体4曲で初心者も、バックコ−ラスに参加してみんなで
楽しむのが、発足当時からの基本ル−ル

321−3
今回私のソロ曲は♪It Coud Happen To You♪キ−はGでBosaNovaチックに♪=260のテンポの予定でしたが☆★○●■◆?
 演奏の前にMCをかってでた清水師匠の前振りにも耳を貸さずひたすら
コンセントレイト****何年やっても緊張の一瞬****





続きを読む >>
author:穐田俊二, category:Jazz, 20:24
comments(0), trackbacks(0)
この指とまれ!
毎週日曜日の午後1:00〜3:00頃までは、広島の繁華街の一郭にある
流川ビルの3階に音楽好きが集まって、
 音楽全般やSaxの手ほどきを受けます。

soho−2
 広島の繁華街の流川という所にある流川ビルという雑居ビルの3階
***Jazz Live Soho***

soho−1
 ビルの入り口にある看板−−すこしベタ?おしゃれ?

soho−3
 レッスンの始まる前の店内  この時はまだ4名しか集まっていません。
 みんな社会人、職業も様々
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:Jazz, 21:32
comments(0), trackbacks(1)
JazzLive
恒例の清水末寿SAX教室発表会が今年の2月と同じMusic LifeTAOで9/24にありました。最古参ではありますが、私は6曲に参加
して、大変楽しませて頂きました。
>Jazz−4
 秋には、いつも中村達也Japan Jazz Unitの皆さんが
ツア−の間を使って、私たちを応援してくださいます。今回は特にギニアからカラモコ カマラ 氏がパ−カッションで参加
すばらしいパフォ−マンスを披露してくれました。

Jazz−5
続きを読む >>
author:穐田俊二, category:Jazz, 22:21
comments(0), trackbacks(0)